【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

土葬、火葬

現在はほとんど火葬になった。その後遺骨の一部を骨壺にいれお墓におさめる。これが一般的。最近では墓地や檀家寺を持たない人が多くいる。そこで海や樹木の下に散骨するようにもなってきた。火葬後の遺骨が墓におさめられるか、また自然界に散骨されることになっても、自分の家や身体に身につけておきたければ、ミニ骨壺に入れて置物として家の中で思い出の供養をしたり、ペンダントやブローチに納めて身につけることになる。

スポンサーサイト

PageTop

アッシュペンダント

ステンレス、チタン、シルバー、金、プラチナ
の貴金属製のモノが圧倒的だが、パールや貴石素材もある。当社のオリジナルは翡翠を使用した遺骨入れペンダント。
PageTop

葬送の後

セレモニーとしての葬送が済み、故人を偲び、一体感を共有したい時に身近に置いたり着けておくソウルジュエリーが効果的です。

遺骨ペンダント、遺骨を納めるミニボトル。多種多用に出来上がっている。
PageTop

供養のミニ化

日本中、周りが墓地だらけにならない為に、供養をミニ化したらよいでしょう。墓地やお墓を持たないのも一つの選択肢。
ゴルフ場が大嫌いな昆虫博士、ドクター養老氏がゴルフ場建設は自然破壊だと主張しているように、墓地の際限なき増設は自然破壊と言える。

PageTop

遠い墓とシンプル葬

墓が遠い人、近い人。何れでも墓地に故人が収められていれば放置はできない。必ず年忌に訪れ、水や花をささげて故人を偲ぶ。これを機会に離れ離れの親族が顔を合わせる。人の死は親族や家族や知人を引き寄せる。葬送がどれほどシンプルになっても年忌の役功は消えないでしょう。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。