【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オリジナル自宅供養容器を作る

これからの新しい供養のかたち
ジェムポート ヤマヤからのご提案


オリジナル自宅供養容器を作る

1)大きさ
自宅に置く壺の大きさは、設置する場所や収納する量によってきまります。
例えば『のどぼとけ』を納める容器は、65x35mm前後が良いでしょう。
既成の容器を基本型にして、そこへアレンジするのも良いでしょう。

2)デザイン
丸型、角型、筒型、地蔵仏や、抽象的なかたちまで、
収納部を決めてデザインをおこします。

3)素材
天然石、木製、陶器、ガラス、銀、金、プラチナなど、
どの素材を使用するかによって大きさやデザインが規制されます。

4)文字彫り
イニシャル、フレーズ、数字、干支、星座、写真、家紋、
などは貴金属地金にレーザー彫りを施すことができます。

5)台座
遺骨や遺品を納めたボトルを置くステージ(土台)は、
供養の品位を高めるために重要な役を演出します。

これからの葬送の誠を追究す。ジェムポート ヤマヤ



【お問い合わせ】
本社ショールーム/東京都町田市木曽東4-30-24
                   ☎042(792)0316

お問い合わせフォームは⇒こちらをクリック
 

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。