【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

翡翠のアッシュペンダント

思い出とか供養の気持ちをペンダントで表現しようとしたら、どのような天然石素材にアッシュを納めたらいいだろうか。まず収容部分にホールを開けられる宝石では、メノー、ラピス、翡翠などが浮かんできます。真珠や琥珀も穴あけがしやすですが、恒久的で、かつ変色や変形しにくい物質と言う点で、翡翠が良いでしょう。
 翡翠の産出国はミャンマーですが、翡翠の市場はなんといっても香港と台湾です。アッシュを収納する穴を開けるために、ある程度の石の厚がみ必要です。そのような石を見つけるためには、豊富な翡翠が揃っている台北や香港に石探しに行く必要があります。
 最近見つけて、製作したものは球状の物と筒型のものです。ペンダントですから宝飾品として装うおおきさです。30x15ミリぐらいからです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。