【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

多種多様な思い出

これからの新しい供養のかたち
ジェムポート ヤマヤからのご提案


遺品、思い出の品

故人の愛、親しんだ品物はそのまま残しておきたいものです。
その品物は、多種多様なことでしょう。
どのような形で残すかは、遺族の機知的判断で意義深いものになります。

宝石や貴金属は、そのまま使えれば大事に保管します。
また、使いやすいようにデザインを変えてでも使っていくことが、
故人の喜びの増すところです。

衣服や衣装小物、ネクタイやシャツを、
別のアイテムにりフォルムする話も聞きました。

すべてを残すわけにいきませんから、
幾つかを思い出のものとして残す工夫をしましょう。

リビングの骨壷のそばに、遺品の入ったケースやボックスを置くと、
いっそう深い哀悼のステージが演出されます。

これからの葬送の誠を追究す。ジェムポート ヤマヤ



【お問い合わせ】
本社ショールーム/東京都町田市木曽東4-30-24
                   ☎042(792)0316

お問い合わせフォームは⇒こちらをクリック

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。