【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手元供養の今日的必要性

これからの新しい供養のかたち
ジェムポート ヤマヤからのご提案


手元供養への思考

亡くなられた方の遺品や遺骨を思い出として身近に置きたい。
そういった感情や意識は、葬送を体験した方の誰もが持っているものです。

宗教的儀式を済ませ、お墓に埋葬してからも自宅や身辺に、
思い出を形あるものにして置きたいという気持ちが自然にわいてきます。

特定のお寺の檀家であったり、自分のお墓をすでに持っている人であっても
手元供養への志向は高まっています。

また、現在持っていなくても、将来お墓を求めようとしている人は、
手元供養との両面の受け入れを志向しています。
他にも、墓地の購入も、お寺での葬送儀式も、供養も行なわないという、
人たちも増えてきました。

このようなに、手元供養を積極的に受容しようとする社会風潮や社会環境が生じています。

これからの葬送の誠を追究す。ジェムポート ヤマヤ



【お問い合わせ】
本社ショールーム/東京都町田市木曽東4-30-24
                   ☎042(792)0316

お問い合わせフォームは⇒こちらをクリック

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。