【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

土葬、火葬

現在はほとんど火葬になった。その後遺骨の一部を骨壺にいれお墓におさめる。これが一般的。最近では墓地や檀家寺を持たない人が多くいる。そこで海や樹木の下に散骨するようにもなってきた。火葬後の遺骨が墓におさめられるか、また自然界に散骨されることになっても、自分の家や身体に身につけておきたければ、ミニ骨壺に入れて置物として家の中で思い出の供養をしたり、ペンダントやブローチに納めて身につけることになる。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。