【新しい供養のかたち】 ジェムポート ヤマヤ 東京/町田

   メモリアルアートの大野屋『遺骨ペンダント』は、
  東京都町田市のジェムポート・ヤマヤで実際にご覧いただけます。


   ご覧いただけないお品物もございます。
   お問い合わせください。本社工房/042(792)0316

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

葬儀、埋葬、お墓、お寺、年忌。

故人の想い出。歴史上の著名人なら生誕100年
とか没後100年とかの記念イベント。一般人、無名人ならせいぜい身内の家族、親族での年忌。セレモニーとして形をつけるなら、坊さんや神父などの宗教化をいらいする。近頃は、シンプル傾向、簡素・簡略型で済ませる場合が圧倒的に多い。
  究極のシンプル志向は遺骨ペンダントとミニ骨壺。
PageTop

shi

PageTop

メモリアルと言えば葬儀の用語になってしまった。そこでメモリアルジュエリー。

遺灰・遺骨・遺品。髪の毛などを納める人もいる。メモリアルジュエリー。メモリアルアート大野屋は Soul Jewelry と銘打って、ミニ骨壺、アッシュペンダント等をブランド化している。
PageTop

スマートで賢くて、カインズで優しくて、これが

これが供養のいまどきのかたち。いつも一緒にいたい。おもいでは朽ちることがない。家には仏壇でなく、ミニボトルの骨壺に思い出のモノ、遺骨や遺品などを納めるとすまーとでカインズなメモリアル心情が誕生する。
PageTop

一緒にいたい。思い出だけでなく、物的に感じながら一緒にいたいとなれば遺骨ペンダントがよろしいでしょう。SoulJewelry、アッシュペンダントなどに逝ってしまった人の存在を納めて身につける。遠い冷たいお墓にいるより、残されたあなたと居るのが、一番良いでしょう。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。